不動産ニュース
不動産ニュース
文書作成日:2018/1/9
不動産売却にかかる諸経費

 不動産を売却するとき、通常不動産業者に査定を依頼して、いくらで売れるかを検討されると思います。売却には経費がかかりますので、どのような経費があるかを把握しておくことも重要です。売買する不動産によっても変わりますが、かかる経費としては下記のようなものがあります。

1.仲介手数料
 不動産の売買を仲介する不動産会社に支払う仲介手数料は、売買する不動産の売買価格によって変わります。(税別・上限金額)
   200万円以下         売買価格の5%
   200万円超400万円以下  売買価格の4%+20,000円
   400万円超          売買価格の3%+60,000円

2.登記費用
 不動産の所有権を移転するための手続きにかかる費用です。多くは司法書士に依頼することになると思います。また、取引条件によっては別の登記をすることもあります。例えば、建物を取り壊して売却する場合には建物滅失登記をし、畑を住宅用地として売却するなど、地目を変更して売却する場合には地目変更登記をするため、それぞれ費用がかかります。

3.売買契約書に貼付する印紙代
 売買価格に応じた収入印紙を売買契約書に貼付します。
   500万円超1,000万円以下  5,000円
   1,000万円超5,000万円以下 10,000円
   5,000万円超1億円以下   30,000円
   1億円超5億円以下      60,000円

4.確定測量費用
 土地の売買を行うとき、売却する土地の面積や境界を確認するための確定測量と、確定測量図の作成を土地家屋調査士に依頼する費用です。確定測量図は、売買する土地と隣接するすべての土地所有者と境界の確認を行い作成される図面です。尚、隣接する土地には道路等の公共用地も含まれます。
 確定測量は土地のみの取引時には実施されることが多くありますが、土地建物の取引の場合には、既に地積測量図があったり、境界の杭があり境界の確認ができる際には行わないこともあります。

5.譲渡益に対する所得税・住民税
 売却した価格(譲渡価格)からその不動産を取得した経費(取得費、譲渡費用)を差し引いて、譲渡益が出た場合その譲渡益に対して住民税・所得税が課税されます。
※取得費が分からない場合は、譲渡価格の5%を取得費として計算します。
※1,2,3,4は譲渡費用に含むことができます。

 その他には建物を解体して土地を売却する場合の解体費用があります。不動産の取引においては、上記の費用がどれくらいかかるか、不動産会社に事前に確認しておくことをお勧めいたします。

※作成日時点での法令に基づく内容となっております。
 

 お問合せ

株式会社名南財産コンサルタンツ
不動産事業部
〒450-6333
名古屋市中村区名駅一丁目
1番1号 JPタワー名古屋33階
TEL:052-589-2341
FAX:052-589-2342
定休日:土日祝
営業時間:09:00〜18:00
メールでのお問合せ